読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資初心者ナカムラの備忘録

株式投資について勉強するためのblog 持ち株は東陽テクニカ(8151)と西川計測(7500)

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/11/11

東陽テクニカは、リチウムイオン電池燃料電池、有機 EL などのデバイスの評価解析を行う、電気化学インピーダンス解析支援ソフトウェア「Z-ASSIST」を自社開発し、世界で初めて製品化しました。

このソフトウェアは、電気化学インピーダンス分光(EIS)法※2 による測定結果の解析を行うために必要な等価回路モデル※3を自動生成するもので、新たに緩和時間分布(DRT)法※4を適用することによって、解析時に必要な初期パラメータの最適値を導出できます。この DRT 法を用いたインピーダンス解析支援ソフトウェアは世界初の製品であり、本日 2016 年 11 月 8 日より日本ならびに中国市場において販売されるとのことです。

このリリースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:938.0 円(理論株価 1,049.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 48 件 | 売り予想 5 件

2016/10/14 時点と本日(2016/10/21)を比較したところ、買い予想が1件減少、売り予想が1件増加していました。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、111.0円 低い値がついているようです。


f:id:cxzbuf27:20161111173321g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/11/02

東陽テクニカは、11月1日付でサイバーセキュリティサービス(役務)事業に特化した
社内カンパニー「セキュリティ&ラボカンパニー」を設立しました。

サービスの提供開始は2017年4月1日から。
サイバーセキュリティサービスと無線通信端末ラボ試験サービスを提供するとともに、
サイバー先進国としての成長が進むイスラエル企業との関係強化を行う予定とのこと。

カンパニープレジデント(代表)には櫻井俊郎氏が着任したそうです。
ISMA(国際サービスマネージメント協会)やJNSA日本ネットワークセキュリティ協会)の
理事・幹事の要職を歴任した氏の活躍が願われます。

安定・高品質なサービス提供のための中長期的戦略として、
サイバーリスク分析センター(CRA)の建設も視野に入れているとのこと。

このニュースリリースYahoo!ニュース他、多数ニュースサイトに取りあげられており、非常に注目度が高いニュースだったようです。
このリリースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:976.0 円(理論株価 1,057.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較で割安と判断されます。しかし、過去比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

2016/10/14 時点と本日(2016/10/21)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、94.0円 高い値がついているようです。


f:id:cxzbuf27:20161102155205g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/10/21

株式会社東陽テクニカがIEC61000-4-31,39新規格動向セミナーを行うそうです。
同セミナーは、Ametek社 Dr. Ralf Heinrich (Head of development)を迎え開催されます。
セミナー情報は下記のとおりです。


日時
2016年11月04日 13:30~17:00(受付開始 13:00)

開催内容
EC61000-4-31,39新規格動向セミナー

費用
無料

定員
80


このリリースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,055.0.0 円(理論株価 1,024.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較で割安と判断されます。しかし、過去比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割高」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

2016/10/14 時点と本日(2016/10/21)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、31.0円 高い値がついているようです。


f:id:cxzbuf27:20161021164433g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/10/14

株式会社東陽テクニカが、従来のイメージング装置の輸入・販売・サポートに加え、ナノイメージング分野での受託分析サービスを 2016年10月より開始する事を発表しました。
走査電子顕微鏡、ナノインデンター、イメージング蛍光 X 線分析装置、X 線マイクロ CT スキャナの 4 種類の機器を用いて。新たなサービスを展開し、、事業の強化・拡大を図って行くとのことです。

受託分析サービスは2016 年 10 月より受付開始し、受託分析サービス専用アドレス、受託分析サービス Web サイト、直通電話などで受付を行うそうです。

このリリースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,024.0 円(理論株価 1,024.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

2016/10/5 時点と本日(2016/10/14)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価と同等の価格がついているようです。


f:id:cxzbuf27:20161014172631g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/10/5

株式会社東陽テクニカが、“「IoT」という技術統合技術を計測に活かす”ための本質的要素・要点を提供する技術セミナー「IoT CONNECT 2016」を 11月10日(木)~11日(金)の2日間にわたり開催すると発表しました。

当該セミナーはIndustrial Internet Consortium(IIC)協賛の元、最前線で活躍する米国IICならびに日本のIIC参加企業・研究者の多彩な方々が講演するとのことです。


このリリースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,023.0 円(理論株価 1,024.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

2016/9/29 時点と本日(2016/10/5)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、1.0円 低い値がついているようです。


f:id:cxzbuf27:20161005170242g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/9/29

今年の11月開催のされる「第8回中部放射線医療技術学術大会」に、東陽テクニカが出展するようです。
今回展示されるのは、国内で販売展開予定の3つの製品です。

  1. 胸部X線読影支援ソリューション ClearReadシリーズ
  2. デジタル・マンモグラフィ読影システム MammoReadシリーズ
  3. デジタルラジオグラフィー Matrixia

これらはいずれも肺や心臓といった胸部の病気などを調べる製品です。
今後ますますニーズが高まるであろうモニタ診断の分野では、画面をより大きく、かつ高画質を追求することが他社製品との差別化になります。
東陽テクニカでは、最高画質と低線量の撮影を実現しているこれらの製品で、国内シェアを獲得を目指すのではないでしょうか。

このリリースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,011.0 円(理論株価 1,024.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

2016/9/23 時点と本日(2016/9/29)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、37.0円 低い値がついているようです。

f:id:cxzbuf27:20160929174525g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/9/23

2016/10/26(水)~28(金)に行われるHOSPEX Japan 2016へ東陽テクニカが出展する事が告知されました。
公開された情報によると、医療機器・環境設備ゾーンに『感染性医療廃棄物処理装置 DISPOPACスーパープレヒーター』を出展するとのことです。

『感染性医療廃棄物処理装置 DISPOPACスーパープレヒーター』は
● 180℃ 30分以上の乾熱処理
● 感熱式ドライエアによる高温滅菌
● HEPAと活性炭のダブル消臭
● 20トンプレスで加圧玉砕
● 長期運用
等の特徴を持っており、衛生・作業環境面での状況改善も期待できるものです。


このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,018.0 円(理論株価 1,024.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

2016/9/16 時点と本日(2016/9/23)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、6.0円 低い値がついているようです。

f:id:cxzbuf27:20160923173154g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/9/16

セミナー・トレーニング・展示情報 | 東陽テクニカ


株式会社東陽テクニカがエミッション測定の基礎セミナーを行うそうです。
同セミナーは、東洋テクニカ主催の元、キーサイト・テクノロジー社(旧アジレント・テクノロジー)との協力で開催されます。
セミナー情報は下記のとおりです。


大阪会場
2016年10月11日 13:30~17:00(受付開始 13:00)

東京会場
2016年10月17日 13:30~17:00(受付開始 13:00)

名古屋会場
2016年10月18日 13:30~17:00(受付開始 13:00)

※どの回も参加費用は無料とのことです。


このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,006.0 円(理論株価 1,031.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件


2016/9/6 時点と本日(2016/9/16)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、25.0円 低い値がついているようです。

f:id:cxzbuf27:20160916181633g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/9/6

業界初の無線通信デバイスの型式認証情報を集約


株式会社東陽テクニカはAT4 wireless社が提供する国際型式認証サービスの関連ソリューションとして、型式認証WEBデータベース「TACS4」のライセンス販売を9月1日から開始しました。
主な特長としては、「企画から製品化、販売後のメンテナンスまで必要な情報を網羅」「世界 200 以上の国と地域に対応」「型式認証専門チームが定期的に情報をアップデート」「データベースの PDF 出力機能」があげられています。
型式認証WEB データベース「TACS4」は、世界 200 以上の国と地域の無線通信デバイスの型式認証に関する最新法規および関連情報を提供し、無線テクノロジーの使用可否、認証プロセスなど、必要な情報を網羅。
法規情報を一から収集する手間を省き、かつ情報を一元的に管理することができる為、自社内で法規情報を維持管理する必要がなくなるというものです。



このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,015.0 円(理論株価 1,031.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160906162939g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/9/2

「2016年国際航空宇宙展」出展 | 東陽テクニカ


東洋テクニカの企業ページにて「2016年国際航空宇宙展」への出展が発表されました。
2016年国際航空宇宙展はアジアにおける経済活動の中心地・東京で開催。
国内外の関連企業・団体を一同に集める事で、トレード・情報交換等の促進を図り、若年層の関心喚起等を目的としたイベントです。

同イベントは下記の日程にて行われ、東洋テクニカはMueller-BBM社製音響加振システム、PCB社製 各種センサ(加速度、圧力)を中心に、HALT試験機、OPTEL THEVON社の光学式の回転検出センサの案内を行うとのこと。
また、無料招待状の配布も行っているとのことなので、興味のある方は参加してみてはいかがだろうか。


<開催日程>
2016年10月12日(水) ~ 10月15日(土)まで
10月12日(水)12:00から17:30
10月13日(木) ~ 15日(土)9:30から17:30

このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,016.0 円(理論株価 1,039.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160902184659g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/8/23

www.youtube.com
www.youtube.com

東陽テクニカYoutubeチャンネルページが公開されていました。
今のところ見つけられたのは、この2つのみです。動画には計測機器を開発したエンジニアが登場して、機器の使用方法や機能、測定する対象物との扱い方を説明しています。登場する解説者はもちろん海外メーカーの社員ばかりなのですが、日本語の字幕がついているので問題ありません。

こうした説明動画は、商品の存在を幅広く知ってもらえると同時に、すでに購入した層へのレクチャーにもなりますね。公開しているのが東陽テクニカ。つまり東証1部上場しているきちんとした企業だということも、動画の信頼性を高めてくれるのではないでしょうか。

それでは、今週の株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,018.0 円(理論株価 1,039.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160805171226g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/8/10

news.finance.yahoo.co.jp

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)とJST(科学技術振興機構)が25日・26日の2日間、「イノベーション・ジャパン2016」を東京ビッグサイトで開催します。
東陽テクニカも出展するこのイベントは、大学発のベンチャーや中小企業が研究開発の成果を展示、産学のマッチングが促進されることで、新たな産業の創出が期待するものです。

ユーグレナによる油田随伴水を利用した微細藻類培養を通じてた、新たな水資源創出の試みの紹介や、アクティブリンクによる重作業用のパワードスーツの開発品を展示など複数の企業の出展が予定されています。


このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,040.0 円(理論株価 1,046.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較で割安と判断されます。しかし、過去比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割高」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160810151915g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/8/5

ポテンショガルバノスタットを用いた電気化学測定テクニック技術セミナー | 東陽テクニカ


東陽テクニカは10月28日(金)に電気化学測定テクニック技術セミナーを開催します。
対象の技術セミナーは2016年10月28日(金)の13:00~17:00に株式会社東陽テクニカ 本社にて行われる予定で、
電気化学の基礎理論について、東京農工大学の中村暢文教授や、神奈川県産業技術センターの祖父江和治氏による講演が行われるとのことです。

このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,014.0 円(理論株価 1,046.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160805171226g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/7/26

慶應義塾大学理工学部と産学連携室 「ナノイメージングセンター」を開設

東陽テクニカが「ナノイメージングセンター」を開設しました。
ナノイメージングセンターは、「独創的で有益な技術の研究開発を行い、成果を再び産業界に還元する」とし、慶應義塾大学理工学部との官共同研究拠点として開設されたようです。
設立の背景としては、、世界市場をターゲットとする企業において、製品に関わるあらゆる点で重要な役割を担うイメージング技術の精度向上を狙ったもののようです。
今後は、慶應義塾大学東陽テクニカが持つナノイメージング技術を駆使した観察・分析ソリューションを、学術・産業両分野に普及させ活用することにより、科学技術を駆動力とした経済の活性化と価値創出を目的とした活動を行っていくとのことです。


このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,060.0 円(理論株価 1,046.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較で割安と判断されます。しかし、過去比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割高」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160726162923g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/7/15

地層探査装置(Dura-Spark及びS-Boom)フィールドデモ | 東陽テクニカ

東陽テクニカが地層探査装置のフィールドデモを行われます。
関東地区では平成28年7月27日(水)、九州地区では平成28年8月2日(火)に①10:00~12:00、②12:30~14:30、③14:30~16:30のそれぞれ計三回ずつを予定しており、英国Applied Acoustic Engineering社の地層探査装置、Dura-SparkとS-Boomが使用されます。
当該装置は最新の技術を使用しており、従来の探査よりも高分解能なデータを取得することができる画期的な装置との事。
今回のフィールドデモでは、関連してセミナーも行われる予定で、現在参加の受付を行っています。

このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,027.0 円(理論株価 1,054.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160715164221g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報