読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資初心者ナカムラの備忘録

株式投資について勉強するためのblog 持ち株は東陽テクニカ(8151)と西川計測(7500)

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/6/23

東陽テクニカ 株投資

東陽テクニカは6月7日次世代仮想化インフラストラクチャ検証アプリケーション「Spirent CloudStress」の販売を開始したと発表しました。
news.mynavi.jp

Spirent CloudStressは仮想化環境ネットワークを構築・運用する上で最も重要な、仮想化インフラストラクチャ評価の実施が可能なアプリだとのこと。
インフラストラクチャは、ITの分野では、何らかのシステムや事業を有効に機能させるために基盤として必要となる、施設や設備、回線、ソフトウェア、制度や、それらの組み合わせなどのことを指していて、つまりはCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークI/Oなどのこと。

今回のアプリケーションはそのインフラストラクチャの統合試験を実施することのできるソフトで、シミュレート結果に対し複数の結果を比較/チューニングが可能で、その他にもリアルタイムな統計とその結果分析や、問題が起きた時の原因の特定なんかもできるソフトだということです。

このニュースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:1,025.0円(理論株価 1,061.0 円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

f:id:cxzbuf27:20160623174658g:plain

参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報