株式投資初心者ナカムラの備忘録

株式投資について勉強するためのblog 持ち株は東陽テクニカ(8151)と西川計測(7500)

東陽テクニカ(8151)の動向 2016/11/02

東陽テクニカは、11月1日付でサイバーセキュリティサービス(役務)事業に特化した
社内カンパニー「セキュリティ&ラボカンパニー」を設立しました。

サービスの提供開始は2017年4月1日から。
サイバーセキュリティサービスと無線通信端末ラボ試験サービスを提供するとともに、
サイバー先進国としての成長が進むイスラエル企業との関係強化を行う予定とのこと。

カンパニープレジデント(代表)には櫻井俊郎氏が着任したそうです。
ISMA(国際サービスマネージメント協会)やJNSA日本ネットワークセキュリティ協会)の
理事・幹事の要職を歴任した氏の活躍が願われます。

安定・高品質なサービス提供のための中長期的戦略として、
サイバーリスク分析センター(CRA)の建設も視野に入れているとのこと。

このニュースリリースYahoo!ニュース他、多数ニュースサイトに取りあげられており、非常に注目度が高いニュースだったようです。
このリリースに対する、株価診断と売買予想を調べてみました。

現在の株価:976.0 円(理論株価 1,057.0円)

この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較で割安と判断されます。しかし、過去比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割安」と結論付けました。

売買予想

買い予想 49 件 | 売り予想 4 件

2016/10/14 時点と本日(2016/10/21)を比較したところ、売買予想の件数に変化はありませんでした。

なお、本日の東陽テクニカ(8151)株価には、
理論株価に対して、94.0円 高い値がついているようです。


f:id:cxzbuf27:20161102155205g:plain
参照元日経電子版 東陽テクニカマーケット情報